「備えあれば患いなし」という事で、万一に備えて食品営業賠償共済へのご加入をお勧めしております。協会にご加入頂いている会員の皆様にはできるだけ軽いご負担で大きな補償を得られるようになっております。

食品営業賠償共済
食品営業者が安全な食品を消費者に提供することは、営業者の責務です。しかし、万一、食中毒等の事故が発生した場合、被害者への損害賠償、休業による損失等、営業者責任の負担を相互扶助の共済制度によって軽減・緩和し、経営の安定を図るとともに被害者救済の社会的責務を履行するため食品衛生協会では、会員のための賠償共済制度があります。
お申し込み・資料請求は、北播磨食品衛生協会までお願いします。
社団法人日本食品衛生協会賠償共済HP

上記の食品営業賠償共済の適用範囲をさらに拡げた「あんしんフード君」の場合「ノロウイルス」等による、お客様→お客様の感染に対しても補償が効きます。万全を期する場合は、こちらをお勧めします。

総合食品賠償共済
(あんしんフード君)
食中毒だけでなく、業務上の過失による事故(施設賠償)、お預かり品にかかわる事故(受託物賠償)を含めて食品等事業者のリスクをトータルに補償します。お申し込み・資料請求は、北播磨食品衛生協会までお願いします。

対象業種:喫茶店、飲食店、すし、仕出し・弁当、給食施設、食料品販売食品製造業、旅館営業(※平成20年4月より対象業種が拡大されました) 
社団法人日本食品衛生協会総合食品賠償共済(あんしんフード君)HP